発注方法を見極めて少しでも安く青汁を飲もう

青汁を毎日飲んで健康的な生活を送りたいとお考えの方は大変多いかと思います。実際に購入しようとするといろいろな販売会社から売られている藻のすごい青汁を、どのように購入するかという選択の問題が生じますね。皆さんはどのように購入されてらっしゃるのでしょうか。

いつも発注する方法

もっともポピュラーで誰でも始められる方法が、欲しいときに欲しい分だけ青汁を発注する方法です。インターネットでも電話でも注文できますから、なくなりそうになったらすぐ注文すればかまいません。いつも発注する方法を考えてみると、自分が欲しいと思ったときに発注できる点がメリットですね。

定期的なコースで購入する方法

一方で、定期的なコースで購入する方法があります。こちらは定期購入の申込みをしなければ、購入が出来ない方式です。毎月同じ時期に配送してもらえるため、安定した在庫を備蓄することが出来るでしょう。「発注を忘れていた!」なんていううっかりミスを避けたいのであるならば、定期購入コースがよいかも知れません。

割引があるかないかの違い

毎度発注する方法と定期購入コースの大きな違いは、「割引があるかどうか」という点です。毎度発注する方法は普通のお客さんと同様に、割引はありません。

一方で定期購入コース青汁を選ぶと、販売会社にとってみると「お得意様」という認識になりますから少しでも安い価格でお客様に提供しようと考えるのです。購入者たる私たちにとっても割引価格で購入できることは魅力的ですし、販売会社にとっても安定的に売上を計上できるため良質なお客様の一人になるでしょう。

あまり飲まない人はむしろいつも発注する方がよいかも

ただ、それほど青汁を飲まないとか一人暮らしで在庫を余らせてしまいそうだという方は毎度発注する方法を選ぶとよいかも知れません。いくら割引価格で購入できるからと言って、定期購入コースを申し込んでも在庫ばかりを余らせてしまっては無駄になってしまいます。下手をすれば二,三ヶ月に1回くらいしか注文しないというのであれば定期購入コースよりも毎度発注する方法がお得です。

使用頻度を見極めてみよう

定期購入にするかどうか悩んだら、まずは普通のパックを一つ購入してどれくらいの期間で在庫がなくなるかを調べましょう。そして、早くなくなるようであれば次回からは定期購入コースで申し込めばよいのです。高い値段ではありませんが、少しでもお得にするなら発注方法の見極めが欠かせません。

今話題のスムージーも青汁と果物があれば作れちゃう

健康にまつわる話題は、いつの時代もたくさんあふれかえっています。「これを食べると健康によい」とか「あれをすると身体が若返る」などといった情報を、熱心に集められている方は多いのではないでしょうか。もしかしたら今話題の、スムージーも既にご存じかも知れませんね。

スムージーって一体何?

そもそもスムージーとは何でしょうか。これは、果物や野菜などを専用の器具の中に入れてペースト状にしたものです。これだけでは飲みづらいですから、氷や牛乳などを入れて飲まれる方が多くいらっしゃいます。食べ物として摂取するには量がある野菜や果物でも、飲み物ならば簡単になおかつおいしく頂くことが出来ると言うことで海外セレブ御用達として紹介されたのです。

器具があれば簡単に作れてしまう

スムージーはセレブでなくとも、専用の器具さえあれば誰でも簡単に作れてしまいます。家電量販店に行けば、高いものから安いものまでスムージーを作る器具が多数発売中です。家での使用頻度や、どのようなスムージーを作りたいのかと言うことを念頭に置いた上で購入されることをお勧めします。

好きな果物を買ってきて入れるだけ

器具さえあれば、後は好きな果物や野菜を入れてスイッチを押せばすぐにできあがりです。購入時に付いてくるレシピ本や、街中で発売されているスムージーのレシピ本を参考に様々なスムージーを作って好きなときの飲んでみてはいかがでしょうか。

野菜の栄養素は青汁で補う

ただ、果物は購入してスムージーを作ったけれどどうも野菜を入れる気にならないという方がいらっしゃいます。できあがりの味が予想できないし、そもそもどのような野菜を入れればいいのか皆目見当が付かないのです。そんなときには「青汁」の粉末を一緒に混ぜてみてはいかがでしょうか。

青汁は様々な野菜の栄養素が含まれていますし、粉末状になっていますから取り扱いもとても簡単です。わざわざ野菜の下ごしらえなどする必要なく、そのまま入れられてしまうところも魅力の一つと言えるでしょう。

野菜を買うと高いから

スムージーを作るときにたくさんの野菜を購入すると、案外出費が激しいもの。そんなときに子供青汁を使えば、低価格でたくさんの野菜を入れたのと同じだけの効果を得ることが出来ます。

スムージーになってしまえば、野菜の食感とか色や見た目といったものは全く考慮されないため青汁を入れたところでスムージーそのものに影響が及ぶと言うことはありませんからね。